保険会社は利益をどのように出しているのか

保険会社は利益をどのように出しているのか。
保険金を支払うと利益がでないのではと考えてしまいます。

保険によっては掛け捨てタイプと掛金が戻ってくるタイプがあります。
いったいどうやって保険会社は利益を生み出しているのでしょうか。

保険会社は民間企業ですから利益は出しています。
その利益の要因はいろいろあります。

民間企業ですからコストをカットして無駄を省き利益が生じやすい体制になっています。

保険料を支払っている人全員に保険金が支払われるわけではありません。
この差額で利益を生じさせています。
例えば地震に関する保険があったとして、10人が一人1000円の掛金で保険に入っているとします。
その中で2人が地震で被害を受けるというデータがあったとします。
その保険は支払われる保険料は一人につき5000円というプランだったとします。
5000円を二人に払いますので、これだと利益が出ません。
しかし、データ通りになるとは限りません。
地震の被害にあった人が仮に一人なら5000円の利益が生じます。
この差額が保険会社の利益となります。

他に保険社会は預かっている掛金を大切に保管しているわけではありません。
掛金を運用しています。
その運用によって生じた儲けも利益となります。

このように保険会社はきちんと利益ができる仕組みとなっています。
利益が生じているので保険会社は基本的に保険金はきとんと支払いますので、加入者は安心して保険に入ることが出来ますね。
保険会社に見積もりを依頼する