その洗顔方法、間違っているかも

お化粧をした日の夜は、メーク落としと洗顔の両方を行っていますか?スキンケアの基本は、メーク落としと洗顔と言われています。お肌にメーク汚れや皮脂、古い角質が残ったままでいると、さまざまな皮膚トラブルを引き起こします。

また、せっかく良い化粧水や美容液を使っていても、十分な効果は得られません。 メーク落としですが洗い流すタイプのものがおすすめです。ふき取りタイプのものは、メークが残ってしまいがちなうえ、肌を擦ってしまい肌を痛めてしまいます。

まず、顔も手も乾いた状態で行います。クレンジング剤は、商品に記載されている使用量を守りましょう。使用量が少ないと肌を擦ることになり、肌に負担がかかってしまいます。肌にクレンジング剤を塗布する際は、力を入れずに優しく手を滑らせます。塗布した後は、手を洗い流し、濡れた手でお肌をクルクルとしていきます。

クレンジング剤がメーク汚れを包み込み、白く浮き上がってきます。手の感触がさらさらになるまで、ぬるま湯を足しながらクルクルしてください。そして、ぬるま湯で洗い流します。

次に洗顔ですが、洗顔は顔も手も濡れた状態で行います。きめ細かいたっぷりの泡で、泡を転がすようにして洗います。きめ細かい泡が、お肌の奥にまで入り込むのでゴシゴシする必要はありません。ゴシゴシと擦ってしまっては、お肌を傷めてしまいます。

こちらも、ぬるま湯で洗い流していきます。生え際などは洗い残しやすいので、注意してください。

また、シャワーを直接顔にかけるのもお肌を傷めてしまうのでNGです。 洗いあがりましたら、清潔なタオルで包み込むようにして水気を取ります。ここでも、ゴシゴシするのはNGです。
すっぽん小町のお試し