徹底した紫外線対策でシミのない肌へ

お肌が紫外線にさらされ続けると肌老化を悪化させるため、紫外線対策は重要です。日光にさらされてもお肌が黒く日焼けしないようにするには、紫外線B波対策に日やけ止めを使うことです。

しかし、紫外線A波は波長が長く窓からも入ってきますから、室内にいるから大丈夫と安心していてはいけません。特に春先から夏の終わりまでは紫外線量も多いですから、徹底した対策が必要になります。日の出時間が早い季節では、朝、起きた時には窓から太陽の光が入っていることもあります。紫外線対策を意識するなら、起きてすぐにカーテンや障子戸を開けては紫外線が入り放題です。紫外線から肌を守るためには、日やけ止めクリームを塗り終わるまではカーテンを開けないようにします。目覚めたら、外の空気や太陽の光を部屋の中に入れるより前に、顔を洗ってお肌をケアし、日焼けどめを塗って朝のスキンケアを済ませます。最近はテクスチャーが滑らかで伸びがよい日焼け止めクリームもたくさん販売されています。伸びがいいと薄く伸ばすのも楽ですが、日焼け止めは薄すぎると充分に効果が得られません。少しずつ使おうと、ぎりぎりまで薄くのばして日やけ止めクリームを使っていると、商品の性能を引き出せません。普段から、こまめに紫外線対策に取り組んでおくことで、肌の老化やたるみを防ぎ、美肌を維持することが可能です。
http://www.pizzeriafiorenza.com